Home

芸人談義 踊らにゃソンソン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

お買い得なのに。

うーん、今しがたドイツ版アマゾン(Amazon.de)で買い物をしようとしてたんですがね、よう分からず…。
説明してくれてるサイトは沢山あるのでそれを見ながらポチポチやってたんですが、
さぁ会計!ってときにですよ。
送料が30ユーロもかかってやんの。
いやいや、私が買った商品15ユーロだから…。

どこのサイトを見ても、ドイツから日本への送料は14ユーロってなってんのに、これはなぜ…?
なにこの現象?
しかも、じゃあ30ユーロくらい買えば送料安くなんのかな?と思って商品追加してみたら、送料58ユーロとか出やがんの。
なに?なにこのイジメ。

これは私の見方が間違っているのか、それともドイツアマゾンの反乱か。
せっかく今ユーロ114円くらいなのに。
買いたい…!買いたくてたまらん…!しかし送料意味不明!
国の設定もちゃんとJapanになってるのになぁ。

ユーロってか、Amazonに詳しい人はおらんですか。
* テーマ:ネットショップ・通販 - ジャンル:趣味・実用 *

1/25六人の侍

昨日は六人の侍を見てきました。

出演:次長課長河本、シャンプーハット小出水直樹、南海キャンディーズ山里亮太
フットボールアワー、諸岡立身

決め事
・一人一つコントを作ること。
・自分が作った作品には出演しないこと
・他の演者は好きなように使っていい


いやぁ、盛り沢山な内容で大満足でした。
初っ端から刺激的な格好で登場してくれたのはいいんですが、それでみんなのメタボリックさが浮き彫りになったり。
DVDになるようなので詳しくはあれであれなんですけども、個人的には後藤くん作の「ミミちゃん」がストライクで。
文だけでおこせば、後藤くん大丈夫か?って言いたくなるような感じでしたけども。

岩尾くん作の「殺人現場」も山ちゃんの「良さ」が出ててよかったです。

やっぱりそれぞれの感性がモロに出ますね。
山ちゃんは山ちゃん丸出しだし、小出水くんのは誰が見ても小出水作だってわかるし。
しかし全部の作品見てみて、河本くんの重要さをものすごく感じました。
この人が出てるか出てないかで作品の出来がだいぶ変わる。
次長課長がキングオブコント落ちたのはやっぱり納得がいかないなと。

一つのコントが終わるごとに楽屋裏っぽい風景も見れて(ふざけあってるところとか)、それもまたファンを喜ばせるというかね。
でもそれよりも、その楽屋裏が映ってる間舞台でギターとバイオリンの生演奏があって、そこに一番感動したりw
情熱大陸うますぎ。

このDVDは買いかなぁ。
* テーマ:ライブ - ジャンル:お笑い *

千鳥再考。

ようやくABCお笑い新人大賞を見終わりました。
いやぁ、ここで天竺鼠ですか。
ついに時代到来ですか、そうですか。
あの年配者のネタで完全に会場の空気をものにしたのがききましたね。
そこまでウケそうなネタでもなかったのに。
まぁでも、個人的にはそこまで天竺鼠で笑うことはなかったです。
ニヤニヤはしましたけども、ネタの発想とかに。

やっぱりなんだかんだで千鳥が面白いですね。
シャロンストーン。
ぜひM-1で見たかった笑。
どん滑り確実でしょうが、見たかった。たぶんテレビの前で笑い転げたのに。
ノブの「正気か!」はこれ以上のものが想像付かないくらい良いツッコミだと、尊敬の念すら抱いております。
好き。もう好き。
オールザッツのときの「くせがすごいわ」ネタも。
ばっかばかしい。
絶対次にくる言葉が分かってるのに笑ってしまう。

あー、会場で生でこの素晴らしいネタを見たかった。
会場が徐々に静まりつつある中、千鳥だけはオチに向かって熱を高める。
そんな場面を直に見たかった。
* テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い *

2009年は大事に。

明けましておめでとうございます。
めでたいです。
新年というのは意味もなくめでたいものです。
普段全く交流のなかった人から年賀状がきたりして妙に焦ったりもしますが、そこからまた交流が復活したりしなかったりして、めでたい気分になるかもしれません。

このブログ的にはね、去年はまぁ不本意な年だったので今年はよい年にしたいですね。
新たな交流もしたいですし。
基本引きこもりで人見知りですが、こういうところで出会う方々はとても素敵な人が多い。
今年も素敵な人と出会えるように、リア充よりネト充を目指して頑張っていきたいと思います。

今年もまたよろしくお願いします。
shinnen

Photo by ミントBlue
* テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記 *

M-1に終わる冬。

軽い絶望感に襲われております。
いや、鬱を煩ったわけではなく。

ダイアン、1番じゃなかったらいけてたよ…。

はぁ、とため息しか出ませんな。
確かにダイアン、若干会場に飲まれてましたよ。
間も早かったし、何より津田くんのオーバーリアクションが浮いてたし。
「いけるで、しょう」も思ったよりテンポが早くて素通りしちゃった感じだったし。
見ながら「あああ…」となったのも事実。

悔しくてしゃあないです。
これが3番とか4番だったらもっと落ち着いてできてたんだろうかと考えると、そんなのはやってみないと分からない、としか言いようがないんですが。
でも1番じゃなかったら…と悔やまずにはおれんのです。
キンコンより上だったのは嬉しかったんですが。


優勝ノンスタイルか…。
米粒には笑ったものの、大してツボにはまる部分もなく。
テンポとキャラはいいんでしょうね。
一番軽快で、がっちりあの場にはまって。
あの最終決戦では、そりゃノンスタだろうなとも思いました。
しかし発想に惚れるタイプとしてはいささか納得ができんというか。
単なる僻みでもいいもんいいもん、ダイアンが、ダイアンが…!!!!

くそう、絶対来年こそダイアンが来てくれると信じてます。
スロースターターでもいいじゃない><
* テーマ:M1グランプリ - ジャンル:お笑い *

Home

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。