Home > スポンサー広告 > 若手時代って勢いあるよね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

なつき URL 2006-04-09 (日) 23:56 edit

例えばダウンタウンの若かりし頃は、今の若手とは比べものにならない位の破天荒ぶりだったような記憶があります。
それが見ている者からしたら、面白くてたまらなかったわけです。
だから今の彼らを見るたび、丸くなったな~としみじみ思ってしまいます。
歳をとったんだなと。

ウッチャンはウリナリが終わってからほとんど見てなかったのであまり移り変わりが分からないのですが、
彼も昔はもっと前へ出ていたし、動きがありましたよ。

やっぱり、年齢と地位が上がっていくのと引き替えにそういうものを失っていく人が多いんでしょうね。
私などは今のダウンタウンを見ていると落ち着きというよりも衰えを感じてしまいます。
好きだからちょっと悲しいですね。

近衛 URL 2006-04-10 (月) 14:29 edit

昔のダウンタウンを知っている人は、最近の彼らは丸くなったと感じるみたいですね。
やっぱりみんな変わっていくんですかねぇ、寂しいな。

本人たち自身も、年齢があがるにつれて面白いと思うものが変わっていってるのかもしれません。
ファンは変わらない面白さを求めてるんですけど…。
難しいですね。
今の大御所は若手の頃にさんざんやりたいことをやって、やりきった感もあるのかもしれないし。
それでも、いつまでも先陣きって走っててほしいですね。

なつき URL 2006-04-10 (月) 17:41 edit

芸人さん本人の面白いと思うものと、見ている自分の面白いものが決定的に違ってしまった時が、ファンじゃなくなる時なんでしょうか。
それは確かに悲しいですね。

ダウンタウンはそりゃもう凄かったですよ。
何が凄いって、何をしていたかよく覚えてないのに
「奴らは凄かった!」という記憶が残っていることですかね(笑)

今の若手の人の中に、そんな記憶を残せるような人が出てきて欲しいです。
・・・誰かいますかねぇ。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/98-c9742df1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 若手時代って勢いあるよね。

Home > [お笑い]全般 > 若手時代って勢いあるよね。

若手時代って勢いあるよね。

今日、HDD内にあった「とぶくすり」の内村乱入回と、ダウンタウンがやっていた「おかんとまーくん」のウンナンゲスト回を観賞。
どちらも面白い。
これを見てて思ったんですが、今のウッチャンと昔のウッチャンってだいぶ違う感じがします。
それはやっぱり若手だからでしょうか。
今はもう大御所という立場になってしまって、若手の頃のようなはっちゃけた感じはなくなってしまった感があります。

なんかね、昔のウッチャンってすごい楽しそうですなんです。
そして、トークの返しも面白い。
今が面白くないっていう意味ではなくて、今は要領を得て、トークの返しでもなんかセーブしちゃってる感じかするんです。
実際問題、私は昔の(若手の頃の)ウッチャンの方が好きだったりします。
まぁ若手の頃のウッチャンなんてリアルタイムで見たこともないですし、技術的には今のほうが断然上だとも思うんですけどね。
でもなんて言うんだろうか、勢いというか楽しんでる感じとかが、昔のほうがある気がするんです。
今は周りの芸人さんを引き立ててて生かして、ウッチャンはその空気を見てるって感じで。
それは大御所だからこそなせる技だし、それができなきゃダメってところもあるんでしょうが、なんか寂しいんですよ。
落ち着いちゃってるっていうんでしょうか。
物足りない。
周りを立てるだけじゃなくて、もっと前に出てほしい。

明石家電視台にゲストで出たとき(映画の宣伝で)さんまさんが言ってた言葉が印象に残ってます。
監督っていうのは自分を立てるんじゃなく他の演者を引き立てる役だから、自分には絶対できない。自分が前に出たい。
確かじゃありませんが、こんなことを言ってました。
これって、今のウッチャンをよく表してる言葉だと思うんですよ。
最近のウッチャンを見てると、もう自分が勢いよく前に出たりするのはやめちゃったのかなと思うことがよくあります。
というか、もう自分をみせるっていうことに興味がなくなったのかなと。
これってファンにとってはすごく悲しいことでして。
いつまでも自分が自分がって前に出ててほしいんです。
そしていつまでも貪欲に笑いを追及しててほしい。
若手の頃の勢いとかやる気とか、中堅や大御所になってもずーっと持っててほしいんです。
若手の頃の勢いと、大御所になってからの技術、全部持っててほしいんです。
これは無理な願いなんでしょうかね。

今の若手もだんだん中堅になって、そして大御所になる日がきます。
そのときに、落ち着いた顔を見せないでほしい。
いつまでも貪欲に笑いにしがみついててほしい。
若手の時代っていうのは誰しも一度しか訪れないし、そのときにやりたいことが思う存分できるってのは素晴らしいことだと思うんですが、中堅や大御所になったときに変に落ち着いちゃうと悲しいんです。
いつまでもはじけててっていうのが願い。

映像見てる間、こんなことをずーっと考えとりました。
センチメンタルジャーニー。
* テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い *

Comments:3

なつき URL 2006-04-09 (日) 23:56 edit

例えばダウンタウンの若かりし頃は、今の若手とは比べものにならない位の破天荒ぶりだったような記憶があります。
それが見ている者からしたら、面白くてたまらなかったわけです。
だから今の彼らを見るたび、丸くなったな~としみじみ思ってしまいます。
歳をとったんだなと。

ウッチャンはウリナリが終わってからほとんど見てなかったのであまり移り変わりが分からないのですが、
彼も昔はもっと前へ出ていたし、動きがありましたよ。

やっぱり、年齢と地位が上がっていくのと引き替えにそういうものを失っていく人が多いんでしょうね。
私などは今のダウンタウンを見ていると落ち着きというよりも衰えを感じてしまいます。
好きだからちょっと悲しいですね。

近衛 URL 2006-04-10 (月) 14:29 edit

昔のダウンタウンを知っている人は、最近の彼らは丸くなったと感じるみたいですね。
やっぱりみんな変わっていくんですかねぇ、寂しいな。

本人たち自身も、年齢があがるにつれて面白いと思うものが変わっていってるのかもしれません。
ファンは変わらない面白さを求めてるんですけど…。
難しいですね。
今の大御所は若手の頃にさんざんやりたいことをやって、やりきった感もあるのかもしれないし。
それでも、いつまでも先陣きって走っててほしいですね。

なつき URL 2006-04-10 (月) 17:41 edit

芸人さん本人の面白いと思うものと、見ている自分の面白いものが決定的に違ってしまった時が、ファンじゃなくなる時なんでしょうか。
それは確かに悲しいですね。

ダウンタウンはそりゃもう凄かったですよ。
何が凄いって、何をしていたかよく覚えてないのに
「奴らは凄かった!」という記憶が残っていることですかね(笑)

今の若手の人の中に、そんな記憶を残せるような人が出てきて欲しいです。
・・・誰かいますかねぇ。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/98-c9742df1
Listed below are links to weblogs that reference
若手時代って勢いあるよね。 from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [お笑い]全般 > 若手時代って勢いあるよね。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。