Home > スポンサー広告 > M-1リターンズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

なつき URL 2006-03-11 (土) 20:47 edit

私も、もっとトークが多いと思っていたので少し拍子抜けでした。もっと色んな話を聞きたかった・・・。今年も本を出すから露出を押さえてるのかな、とか穿った見方をしてしまったり。

天津の漫才、夕べの上方漫才大賞とほぼ同じネタでしたが、やる場所や雰囲気でウケるウケないにこれほどの違いがあるのか、としみじみ思いました。夕べの天津はちょっと気の毒だったような。

近衛 URL 2006-03-11 (土) 21:02 edit

確かにちょいかわいそうでしたねぇ。
M-1リターンズを見に来ているお客さんと、NHKのお客さんでは客層も違うでしょうしね。
天津は特にオタクをネタにしてるので、理解力によってウケかたにばらつきがあるような気がします。

なつき URL 2006-03-11 (土) 21:17 edit

そうですねえ。野菜ネタを持ってきたのはまだ一般受けしやすいんでしょうけど・・・。
ノンスタイルなんかも若い子にはいいんでしょうけどね・・・。

おかえりなさい、の話は良かったですね。
あのクール?な川島くんが「山里ってなんていいヤツなんだ」って感激したなんて。
M-1前の特番を見ていても感じたんですが、山ちゃんは本当にトップ組の人たちを尊敬してるんですねえ。尊敬できる人がいるっていうのは幸せなことですよ、うん。
そして、彼らもいつか尊敬される立場になって欲しいです。

近衛 URL 2006-03-11 (土) 21:52 edit

自然に「おかえりなさい」って言葉が出てくるってのが粋だなぁ。
尊敬してるからこそ、当たり前のように出た言葉なんでしょうね。
きっと彼らも尊敬される立場になりますよ。
あぁでも変態エピソードを披露しすぎると難しいかも笑。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/69-d1a5fba5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > M-1リターンズ

Home > [お笑い]M-1グランプリ > M-1リターンズ

M-1リターンズ

今年もありました、「M-1リターンズ」。
今年は南海キャンディーズと品川庄司はお休みで。
ネタでは、千鳥、タイムマシーン3号、チュートリアルあたりが
面白かったです。

千鳥のネタ:キスがうまくできん
やっぱいいなぁ、千鳥。
M-1の敗者復活であがってきたとき、なんやかんやと悪口を言われて
て悲しかったんですが、やっぱ才能あるよ。
面白い。
あの子らはどんなところでも自分たちのスタイルを崩しませんね。
M-1の舞台でだって下ネタやっちゃうし。
まぁ今回も若干下ネタで。
うん、そんなところが大好きですよ。

タイムマシーン3号:修学旅行の夜
いやぁ、羊の登場に笑った。
後半になるにつれ面白くなっていきました。

チュートリアルはもうどこで笑ったか忘れちゃった(ぇ
なんとなく面白かったような…笑

トークコーナーでは、麒麟の川島くんが言った「おかえり」話へ。
2004年のM-1で笑い飯、千鳥、そして後輩の南海キャンディーズが決勝へ進出するなか、麒麟は決勝にあがることができず悔しい思いをしていた。
しかし見事敗者復活で勝ち上がり川島くんが楽屋へ入ると、山ちゃんが「おかえりなさい」という言葉をかけたそうです。
そのとき「おかえりってなんてすばらしい言葉なんや」と川島くんは感動し、次は俺がこの言葉を言ってやると決めたそう。
そして2005年のM-1、千鳥が敗者復活から勝ち上がってきたとき川島くんはおもむろに千鳥に近づき、耳元で「おかえり」と言ってあげたと。
しかし千鳥は気持ち悪いとドン引き笑。
すれ違いってやつですね。

今年も面白かったです、リターンズ。
まぁ、もっとトークコーナー長くてもいいかなとか思いましたが。
* テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い *

Comments:4

なつき URL 2006-03-11 (土) 20:47 edit

私も、もっとトークが多いと思っていたので少し拍子抜けでした。もっと色んな話を聞きたかった・・・。今年も本を出すから露出を押さえてるのかな、とか穿った見方をしてしまったり。

天津の漫才、夕べの上方漫才大賞とほぼ同じネタでしたが、やる場所や雰囲気でウケるウケないにこれほどの違いがあるのか、としみじみ思いました。夕べの天津はちょっと気の毒だったような。

近衛 URL 2006-03-11 (土) 21:02 edit

確かにちょいかわいそうでしたねぇ。
M-1リターンズを見に来ているお客さんと、NHKのお客さんでは客層も違うでしょうしね。
天津は特にオタクをネタにしてるので、理解力によってウケかたにばらつきがあるような気がします。

なつき URL 2006-03-11 (土) 21:17 edit

そうですねえ。野菜ネタを持ってきたのはまだ一般受けしやすいんでしょうけど・・・。
ノンスタイルなんかも若い子にはいいんでしょうけどね・・・。

おかえりなさい、の話は良かったですね。
あのクール?な川島くんが「山里ってなんていいヤツなんだ」って感激したなんて。
M-1前の特番を見ていても感じたんですが、山ちゃんは本当にトップ組の人たちを尊敬してるんですねえ。尊敬できる人がいるっていうのは幸せなことですよ、うん。
そして、彼らもいつか尊敬される立場になって欲しいです。

近衛 URL 2006-03-11 (土) 21:52 edit

自然に「おかえりなさい」って言葉が出てくるってのが粋だなぁ。
尊敬してるからこそ、当たり前のように出た言葉なんでしょうね。
きっと彼らも尊敬される立場になりますよ。
あぁでも変態エピソードを披露しすぎると難しいかも笑。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/69-d1a5fba5
Listed below are links to weblogs that reference
M-1リターンズ from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [お笑い]M-1グランプリ > M-1リターンズ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。