Home > スポンサー広告 > 12/12ガンガンライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ホワイトリバー URL 2008-01-19 (土) 01:53 edit

こんばんわです。
M1って、いつの間にか権威というか、漫才師としての目標になりつつありますね。

定期購読してるマンスリーよしもとでは「ガンガンライブ」という言葉は
見てたのですが、内容に関しては知らなかったので勉強になりましたよ。
南海さんクラスになると卒業みたいな形でbaseの舞台に出演しなく
なってもおかしくないのに、baseに出続けるというのは、タレント業
よりも基本は漫才というスタンスがあるんでしょうね。
レギュラーがbaseに出なくなったのとは対照的か。

近衛 URL 2008-01-19 (土) 17:16 edit

>ホワイトリバーさん
M-1が出来ていなかったら漫才師を辞めていた、というコンビもいるくらいですから、ものすごく重要な大会になってきてますね。
目標が与えられるおかげで芸にも身が入るでしょうし、見てる側からすれば本当にありがたいですw

ガンガンライブはネタありコーナーありで、お得感ハンパないライブです。
大阪にお立ち寄りの際はぜひどうぞ笑。
最近は東京進出やら解散やらでごたごたすることも多かったですが、そんな中南海がずっとbaseに出続けていてくれるのはホント嬉しいです。
大阪には仲間もいっぱいいますし、原点というか故郷のような感じなのかもしれません。
レギュラーは東京に行かずに大阪に残っていたほうがよかったですね…。
イシバシハザマもそうですが、タイミングを誤るとえらいことになります。
怖い怖い。

なつき URL 2008-01-19 (土) 21:39 edit

私も歌のお姉さんを見たとき、この1年間、ほぼ同じネタをやってきたのに(涙)、
わざわざ12月にこのネタを持ってくる意味とはなんぞや、と思いました。
あれは彼らの決意表明だったんですね。
山ちゃんの宣言をリアルで聞いた人間としてはもう、うれしくてうれしくて仕方がありません。
やはり彼らの根っこは「漫才師」なんですね。

近衛 URL 2008-01-19 (土) 23:44 edit

>なつきさん
はっとしましたね、あのネタだって分かったときに。
山ちゃんは何かしら縁起?を担ぐタイプだと思うので(出囃子が小松亮太演奏の曲だったり)、M-1参戦にかけてのあのネタだった…と思いたいですね。
「漫才しかできん不器用な男ですから」という言葉をもう一度聞きたい。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/465-28d6c8bb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 12/12ガンガンライブ

Home > [2007年ライブレポ]baseよしもと > 12/12ガンガンライブ

12/12ガンガンライブ

久しぶりにライブレポ。
12月12日のやつ完全放置だったのでね。

出演者
天津、プラスマイナス、天竺鼠、ベリーベリー、ソラシド、ミサイルマン、中山功太、南海キャンディーズ、アジアン

以下簡単なレポです。
MCは天津。
時期も時期なだけに、M-1のお話。
ダイアンが決勝に行って、嬉しいという気持ちと悔しい気持ち、両方あるという木村に向は
向:「嬉しくない、悔しいだけや」
芸人ですねぇ。
なんか最近向くんキャラ変わってませんか?
前はもう少し柔らかいイメージだったんですが、最近尖がってるような。


前半ネタ組。
プラスマイナス:ライフセーバー
取り立てて記憶に残るようなネタではなかったですが、相変わらずはげしい。

天竺鼠:面接どころではないわ
始めてみましたこのコント。
荒削りな印象でしたが、やはり一つ一つのセンスはとても好き。
普段から瀬下くんのツッコミには少し物足りない部分があるんですけど、「ちょっと分からないです」っていう返しは好きだったり。
※これ12日に書いた感想ですが、今思えばサンドウィッチマンの「ちょっと何言ってるかわかんないですw」っていう台詞に似てますね。
ネタの雰囲気は全然似てないですけどね笑。

ベリー・ベリー:芋掘り
これはキツい。
ベリーベリーに何があったんだと思うくらいひどい。
一瞬ボケと突っ込みを入れ替えてみたりしてましたが、まぁ河中くんのツッコミがひどい。
声が無駄にでかいから耳痛いし。
しかも声張るだけで全然面白くないというね…。
それとも、その「声を張ってるだけで面白くない」っていうのが笑うツボなんでしょうか。
うーん、前回のネタ同様、試行錯誤している感がありますね。
模索中といったところでしょうか。

ソラシド:途中下車の旅
特に印象的なフレーズを持ってくるわけではないんですが、まんべんなく笑える。
水口くんのツッコミもいいからかもしれません。
本坊くんの飄々とボケをかますところは大好きです。


前半コーナー:ゲーム
MCの木村くんが動くたびに、その後ろにスっと立つ川原くん。
木村くんが後ろに下がろうとすると必ずぶつかる位置に笑。
「近いねん!」
この繰り返しをニ、三度w楽しそうな川原くんが見れてよかったです。

後半ネタ組。
ミサイルマン:性転換
岩部くんの性転換が異様に似合う気がするのはなぜでしょう。

中山功太:対義語
ネタフェスティバルで見たネタ。
ネタに関してはそのときに見た印象と変わりありませんが、それにいたるまでのフリートークが面白かったです。

南海キャンディーズ:歌のお姉さん
フリートークは浜崎あゆみネタw
「向こうから好いてきてる」みたいなことを自信満々言う山ちゃん。
すぐ天狗です笑。

そしてまさかの歌のお姉さんネタ。
2005年の悪夢が脳裏に蘇りましたが、なぜこのネタだったんでしょう。
M-1の決勝進出者が発表になり、南海の中にも変化が生まれたんでしょうか。
このネタからまた新たにスタートする。
という意味だったらかなり嬉しいんですが。
このネタ、私は南海のネタが大好きなので面白いと感じましたが、しずちゃんに遊ばせる時間が長いネタでもあるので不満に思う人はいるでしょうね。
山ちゃんのツッコミに割く時間を長くした方がいいというのは私の気持ちとしてもあるのですが、ボケの役割としてはどうなんでしょう。
今日のしずちゃんはイキイキと自分の時間を最大限に使ってましたが笑。
山里:「想像の倍ほど時間使ったろう!」
山里:「東京ラブストーリー仕立てじゃねぇか」
しず:「一回やってみたかった(笑顔満開)」

アジアン:耳掻き
これを違うコンビがやったら面白さが半減しそうだな、と思うあたりアジアンの器用さはすごいかもしれません。
冷めさせないというのがすごい。

後半コーナー:「男VS女」トーク

山里:「アイドル」
以前アイドルと一緒に仕事をしたとき、なかなかいい感じに話がはずみ、「これはいってみよう」と決意してメールアドレスを聞いた山ちゃん。
山里:「そしたら『マネージャーもいるし携帯出して交換してるのはヤバいから、これパソコンの方のアドレスです』ってくれたのよ!」
期待膨らませながらもらったアドレスを打ち込むと、そこはそのアイドルの公式HP。
山里:「コメントだけでも残そうと思ったら、有料会員にならないとコメント書けないやつで」
山里:「今毎月500円払ってる」
山ちゃん哀れだよ山ちゃん。
ここまでしてもコメントの返事は返ってこないそうです笑。

しずちゃん:「結局、顔」
好きな人に夜景のメールを送ったしずちゃん。
隣にいた可愛い子(タレント)が一時間後同じ人に夜景のメールを送信。
するとしずちゃんにはメールが返ってこないのに、その子のところにはすぐにメールが返ってきたと笑。
しず:「私のこと可愛いとか言うときながらも、やっぱりその子のほうがいいんや」
フリップを真っ二つにするしずちゃん。
山:「泣いてんの?」
自分の髪の毛をむしり取ろうとするしずちゃんwww怖いよww

あと、どこで出た話かは忘れましたが、しずちゃんは自分の髪の毛を抜いて
その毛の先についてる汁?で字を書いているそうです笑。
山ちゃんもしずちゃんも、結局二人とも変人です。


これでその日のガンガンライブは終了ー。
やっぱりM-1前ってこともあって、M-1を連想させることも多かったですね。
最近知ったことですが、南海が2008年のM-1に出ると宣言したそうで。
「歌のお姉さん」はやっぱりその決意の表れだったんでしょうか。
力いっぱい頑張ってもらいたいところです。
* テーマ:ライブレポ - ジャンル:お笑い *

Comments:4

ホワイトリバー URL 2008-01-19 (土) 01:53 edit

こんばんわです。
M1って、いつの間にか権威というか、漫才師としての目標になりつつありますね。

定期購読してるマンスリーよしもとでは「ガンガンライブ」という言葉は
見てたのですが、内容に関しては知らなかったので勉強になりましたよ。
南海さんクラスになると卒業みたいな形でbaseの舞台に出演しなく
なってもおかしくないのに、baseに出続けるというのは、タレント業
よりも基本は漫才というスタンスがあるんでしょうね。
レギュラーがbaseに出なくなったのとは対照的か。

近衛 URL 2008-01-19 (土) 17:16 edit

>ホワイトリバーさん
M-1が出来ていなかったら漫才師を辞めていた、というコンビもいるくらいですから、ものすごく重要な大会になってきてますね。
目標が与えられるおかげで芸にも身が入るでしょうし、見てる側からすれば本当にありがたいですw

ガンガンライブはネタありコーナーありで、お得感ハンパないライブです。
大阪にお立ち寄りの際はぜひどうぞ笑。
最近は東京進出やら解散やらでごたごたすることも多かったですが、そんな中南海がずっとbaseに出続けていてくれるのはホント嬉しいです。
大阪には仲間もいっぱいいますし、原点というか故郷のような感じなのかもしれません。
レギュラーは東京に行かずに大阪に残っていたほうがよかったですね…。
イシバシハザマもそうですが、タイミングを誤るとえらいことになります。
怖い怖い。

なつき URL 2008-01-19 (土) 21:39 edit

私も歌のお姉さんを見たとき、この1年間、ほぼ同じネタをやってきたのに(涙)、
わざわざ12月にこのネタを持ってくる意味とはなんぞや、と思いました。
あれは彼らの決意表明だったんですね。
山ちゃんの宣言をリアルで聞いた人間としてはもう、うれしくてうれしくて仕方がありません。
やはり彼らの根っこは「漫才師」なんですね。

近衛 URL 2008-01-19 (土) 23:44 edit

>なつきさん
はっとしましたね、あのネタだって分かったときに。
山ちゃんは何かしら縁起?を担ぐタイプだと思うので(出囃子が小松亮太演奏の曲だったり)、M-1参戦にかけてのあのネタだった…と思いたいですね。
「漫才しかできん不器用な男ですから」という言葉をもう一度聞きたい。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/465-28d6c8bb
Listed below are links to weblogs that reference
12/12ガンガンライブ from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [2007年ライブレポ]baseよしもと > 12/12ガンガンライブ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。