Home > スポンサー広告 > 4/6角刈りの猿のおはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/353-fd1eb1c3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 4/6角刈りの猿のおはなし

Home > [2007年ライブレポ]baseよしもと > 4/6角刈りの猿のおはなし

4/6角刈りの猿のおはなし

結構経ってしまいましたが、ダイアンの単独「角刈りの猿のおはなし」に行ってきたのでそのレポでも。
前回の単独で散々角刈りの猿のお話をしたダイアン。
次のライブのタイトルは「角刈りの猿」だとそのときから言っていたので、今回このタイトルを見たときは笑ってしまいました。

んで見に行って初めて気付いたんですが、今回はトークライブとしての位置づけだったんですね。
普通にネタライブだとwww

ってことで以下レポです。
オープニングVTR:ダイアンの2人に履歴書を書いてもらいました
西澤:石原プロ所属・男やのに短大入学、そして卒業
津田:『本人希望欄』に「週2、3日働いて月給200万以上」
西澤:「(津田の欄を見て)昔からそうやけど…やる気ゼロの売れる気100やな」
津田くんはゴールド免許持ち。
顔写真を見西澤くんに「人の皮かぶってるみたい」と評されてました笑。
そんな西澤くんの免許は…
西澤:「俺のすごいで。背景と顔が同じ色やねん」
顔が白すぎて背景と同化してるwwwwこえぇぇww
2人とも犯罪者みたいだ、ということで意見が一致。

ダイアン漫才:おやじピンチ!
VTRに7分も使ってしまったことを今さらながら悔いる西澤くん。
そして、出てきたときに黄色い歓声がないことを不満がりだしw
西澤:「まぁもう一回やり直すのもおかしいんで、次はね…」
キャーと言われないダイアンが大好きです。

漫才は、お尻の穴に入るように促す西澤くんに撃沈でした。
この漫才ビックリするくらい完成度が高かったです。
面白いだけじゃなく、流れがすごい。
どうやってこれを構築していくのか…と感心しきりでしたよ。
ピンクリンおじさんとはまた違った魅力で。いやぁ、ダイアンすごい。

ダイアン漫才:ニュースキャスター
トークイベントで「まさかの2本目ですけど」と言いつつ漫才。
これはまたバカバカしい笑。
土瓶蒸次郎の登場に吹いてしまいました。
うーん、やはり津田くんのツッコミいいですね。本気で笑える。
いいコンビだなぁ。売れて欲しい。

VTR:偉人空想劇場
西郷隆盛:右往左往しながら「犬来ませんでした?」
卑弥呼:「前株でヤマタイコク」
ニュートン:万有引力バカにされプチ切れ

ダイアントーク:トークの引き出し増やしましょう
ようやくトークコーナーに入ったものの、すでに30分過ぎている笑。
タンスの引き出しの中からお題の書いた紙を引き出し、それに沿ってトーク。
お題:腹立つこと
東京から大阪へ帰る新幹線の車中、マナーのなっていない乗客に遭遇した西澤くん。
自由席(3列)に座っていると、隣の隣に座った一人のサラリーマン。
前のテーブルを倒し、なぜかその隣のテーブルも倒し、そこに弁当を広げて食べ始める。
ちょっとすると斜め前の席が開いたので、そのサラリーマンはそこへ異動。
しかし…倒したテーブルはそのまま。割り箸の袋も爪楊枝もそのまま。
西澤:「自由席やのに、他のお客さん座られへんやん!」
でもそのマナーのなってないサラリーマンに何も言えない西澤くん。
西澤:「ケガしたらいいのに!結構痛いケガしたらいいのに!って」
小さい笑。
それから西澤くんも少し寝てしまい、気付くと名古屋。
そのサラリーマンの方を見ると彼も寝ていたが、突然バっと起き、バタバタ慌てながら降り口へ。
しかしすぐに新幹線は動き出してしまう。
西澤:「名古屋で降りなあかんかったのに、終電やからもう京都で一泊せなあかん」
西澤くんはものすごく嬉しかったようで笑。
西澤:「もうサヨナラホームラン打ったくらいの」

津田くんはウォークマンのシャカシャカという音漏れに腹が立つらしい。
この前も新幹線に乗っていたとき隣の男性が音楽を聴いていて、音漏れが気になったのでメンチを切っていたらその男性もその視線に気付いたらしく…
津田:「『聴く?』って感じで片方のイヤホン俺んとこに向けてきた。いらんねん!!」
津田:「ipodも持ってるし、お前のMDウォークマンやんけ!!」
と絶叫していました笑。

しかしメンチを切るのは危ない、と言う西澤くん。
この間電車に乗っていたら女子高生が隣の人の肩にもたれかかるような形で寝ていたらしく。
そのもたれかかられていた人は相当頭にきてたのか、その子の頭を掴んで思いっきり窓にガンガン打ち付けていたと。
西澤:「キ○ガイや」
テレビ入ってないので言いたい放題。

なんの流れだったか、ここで西澤くんが逆ナンされたという話になり。
新幹線に乗っていたら、隣に座っていた女の人がプリッツを西澤くんにさしだし、「食べますか?」と。
西澤:「これは逆ナンでしょ」
津田:「違うって」
西澤:「だってそれからも結構喋りかけてきたし」
津田:「お前がプリッツ欲しそうな顔してたんちゃうんか」
西澤:「いや、俺かっこつけてたもん」
会話のレベルが小学生っぽくなってきてる笑。

津田くんは前の彼女と一緒に対面式の電車に乗っていたとき、慌てて駆け込んできた女性が津田くんたちの前の席に座り、いきなり油揚げを貪り食うところに遭遇したそうでw
津田:「それ見て彼女が『キツネ?』って」
その彼女の言葉がえらく可愛かったらしい。

お題:涙
津田くんは相当涙もろいようで、映画を見ててもすぐに泣く。
「今、会いに行きます」はその中でもかなり泣けるらしく、一人で映画館に行って見たときも号泣。
しかし隣に座った女性は話の序盤で泣き出し、終盤みんなが号泣しだすときには結構普通な顔をして見ていた。
津田:「最初に泣きすぎてもう涙出てないねん」

西澤くんは対照的に全く泣かないようで、最後いつ泣いたかも思い出せない様子。
映画も見ない西澤くんが今ハマっているものがyoutube。
昔放送されていた「ギャバン」やバラエティ番組(とんねるずとか)を見漁っていると。
津田くんもyoutubeは見てるようで、ダイアンの名前を検索したらサンサンテレビのやつばかり出てくると言ってました笑。

この間のストリークの単独でストさん2人が泣いた話に。
ストさん2人が泣いてみんなが感動して泣きそうになっていたとき、光岡さんが誰よりも号泣していて一気に冷めたと笑。
ダイアンもその単独に呼ばれたそうなんですが、ラジオがあったので途中で退場。
西澤:「最後までおったらお前絶対泣いてたやろ」
ストの単独はにくい演出もあったようで、脇のパネルが外れるとそこに「今までありがとうございました、baseよしもと一同」的なことが書かれていて、そこでまた号泣だったようです。
いいですね、やっぱりストリークは愛されてたんですねぇ。

そうそう。津田くんは結婚式のときもお父さんのスピーチで泣いたそうです。
たった一言「幸せになってください」で泣いたと。
津田父かっけぇな、なんて思ってたんですが、それ以外は津田父の歯がほとんどないということもあり、出されたお肉を吸っているだけだったそうです笑。
西澤:「旨みを吸ってる」

お題:相方



お題:おいしいご飯屋さん

お題:角刈りの猿
* テーマ:ライブレポ - ジャンル:お笑い *

Comments:0

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/353-fd1eb1c3
Listed below are links to weblogs that reference
4/6角刈りの猿のおはなし from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [2007年ライブレポ]baseよしもと > 4/6角刈りの猿のおはなし

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。