Home > スポンサー広告 > M-12006二回戦大阪。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

山オタ URL 2006-10-29 (日) 19:18 edit

昨日のブログに「大脇里村ゼミナール」って書いてあって、3回戦行けるかなと期待してたんですが、残念です。

春頃に、ワッハの小ホールでアマチュアの芸人さんが何組か出て漫才
してるのを見たの時に、このコンビと「バイク川崎バイク川崎」ってピン芸人さん(元街の帽子屋さん)がすごく印象に残りました。

時々、サライブの合格発表で名前を見て気になりつつも、たまに、南海を観に行くのが精一杯で...。
私からしたら、彼らも十分面白いのに、それでも、アマチュアというのはプロとして吉本なりその他の事務所に入るっていうのは本当に大変な事なんですね。(←まあ、当たり前の事ですが)

私は、以前に芸人さん(名前が判らない)に芸人さんと思われて挨拶された事があります。人におもしろいと言われた事がないので、すごく印象に残っています。
(そんなにおもしろい顔をしてたのかな?)

近衛 URL 2006-10-29 (日) 20:37 edit

大脇里村ゼミナールは三回戦進出していますよ♪
どんなネタしてたかは残念ながら忘れてしまいましたが、このまま順調に勝ち上がっていけばいいですね。

サライブって気になりますよね。私も南海&好みの芸人さんで手いっぱいでサライブまで見に行けないんですが、一回見に行ってみたいです。
サライブって言ってもきっとレベルは高いんだろうし。
たしか500円とか800円くらいでしたよね。行きたい。
サライブのメンバーはそこで仲間と切磋琢磨してるから、もしかしたらテレビに出て漫才を全然していない有名な芸人より面白いかもしれないですね。
そういう人たちが日の目をみる大会であってほしいです>M-1

芸人に間違われて挨拶されたということですが、私からしたら芸人さんに挨拶される経験があるだけで羨ましいですよ笑。
「おはようございます」なんて言われたら最高じゃないですか。

えりか URL 2006-10-29 (日) 22:41 edit

私も今日みにいきました☆アマチュアでも面白い方いっぱいでしたね。
なんかM-1の裏側が見れたようなきがして嬉しかったです。
私もいつかサライブ行こうと思いました。なんか25日にガンガン行ったときにオープニング前に流れてたCM見て、サライブが気になり始めました。

近衛 URL 2006-10-29 (日) 23:29 edit

確かに、M-1の裏側って感じでしたね!ワクワクしました。
アマチュアの方でも一度舞台経験があるような人はうまかったですね。
さるつかいもそうみたいだし。

最近サライブに力入れてますよね、base。
私もCM見て気になりだしたんですけど、12月も行けそうにないなぁ。

なつき URL 2006-10-30 (月) 07:43 edit

お疲れさまです~!
やはり名前を聞いたことある人たちが残ってますね。
経験上、舞台度胸ってやっぱり実際に立たないと付かないだろうから、違いは出てくるでしょうね。大舞台になればなるほど経験があるかっていうのがモノを言うのかもしれません。
どうしてもbaseメンバー有利なのはもう仕方がないんでしょうか。
それぞれ固定ファンもいるでしょうし。
baseメンバーだってそこにくるまで努力してきたわけですから・・・。
サライブの人たちが未来のbaseを支えるメンバーなんですよね。
これからも楽しみです♪

近衛 URL 2006-10-30 (月) 16:31 edit

正直これだけ差が出るもんだとは思ってなかったので、びっくりでした。
私たちがいつも見てる芸人さんたちは、ものすごい才能を持った人たちなんだと改めて実感というかね。
baseメンバーはファンもきてますし、言い回しも上手いしで圧倒的でしたよ。
さすが毎日舞台出てるだけのことはありますねぇ。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/256-2ff6ece6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > M-12006二回戦大阪。

Home > [お笑い]M-1グランプリ > M-12006二回戦大阪。

M-12006二回戦大阪。

あ゛ー、長かった!!
終わったの15時10分て…。4時間も見てたのかぁ、漫才。
なんかもうbase行った瞬間から驚きの連続で。
まず若干開場時間に遅刻しながら走ってbaseへ。
するとbaseの前に長蛇の列。
え、何これ?当日券??なんて思いながらその人たちの間をすり抜けてbaseの中へ。
そしたらどうやらその並んでた人たちは当日券じゃなくて整理番号100番より後の人たちだったようで。
溢れちゃうから入場制限みたいな感じですかね。
でまぁ私は無事に入れて。
テレビも来てましたよ。カメラマンさんってあんな重そうなカメラ震えずによくもてますよね(そこ?
なんかそこばっか見てました。

そしてようやくM-1GP2006二回戦がスタート。

結果はもう出てるのでご存知の方も多いとは思いますが


のろし(松竹芸能)
ヘッドライト(吉本興業 大阪)
さるつかい(アマチュア)
ジャルジャル(吉本興業 大阪)
NON STYLE(吉本興業 大阪)
大脇里村ゼミナール(アマチュア)
マラドーナ(吉本興業 大阪)
ジャンクション(吉本興業 大阪)
つばめがえし(吉本興業 大阪)
カルパチーノ(吉本興業 大阪)
フロントストーリー(吉本興業 大阪)
デニッシュ(山中企画)
にのうらご(吉本興業 大阪)
変ホ長調(アマチュア)
難波横山(吉本興業 大阪)
パステルモグラ(アマチュア)
キャベツ確認中(吉本興業 東京)
銀シャリ(吉本興業 大阪)
勝山梶(吉本興業 大阪)
りあるキッズ(吉本興業 大阪)


この20組が三回戦進出!
やっぱりbase組強し。いや、もう当然の結果かなという感じです。
61組も出たのでレポなんてできませんが笑。とりあえず印象に残ったコンビでも。
今回一番の収穫はさるつかいかなぁ。
このコンビはイイですよ!
うまいとかじゃなく、大好きな笑いです。いや、もちろん上手さもあるんですが。
「合わせて?」のフリが忘れられん。ツボだったなぁ。

あとパステルモグラね。
「父と子、川原にて」みたいな内容だったんですが、ツッコミに感心。
ツッコミの淡々とした感じ。んでもってある種の諦めを感じさせる哀愁あるツッコミ。
アマチュアなんですけど(さるつかいも)、プロに負けず劣らず面白かったです。
三回戦進出した中ではカルパチーノも面白かった記憶があるんですが、ネタも雰囲気も忘れちゃった笑。
けどこのコンビにも期待ですね。

他三回戦に進出したのはもう王道ともいうべきbaseメンバーがほとんどなので書きませんが、とにかくbaseメンバーはすごかったですよ。
実力が全然違う。
やっぱりアマチュアの方も多かったので正直睡魔に何度か襲われたんですけど、base芸人が出てくると一気に眠気が吹き飛ぶ。
それくらい笑っちゃいます。
あとお客さんの雰囲気も、base芸人が出てくると笑う空気になる(これは良し悪しだと思いましたが)。
空気って大事ですよね。もう登場したときから笑ってくれてるなんて、芸人にとっちゃやりやすいことこの上ない。
同時に、アマチュアの人や有名じゃない芸人さんなんかはアウェイってか様子見な空気なので、それを笑いに変えなくちゃいけないってのは大変だろうなと感じました。
だからこそ、この中で三回戦に勝ち上がったアマチュアの人って凄いんですよ。
最初アウェイだった客の心ををつかんだってことですからね。

あ、でも個人的に高校デビューってコンビも面白いと思ったんですけど落ちちゃいました。
なんでだ。

まぁ、そんなこんなで二回戦も終わりまして。
今回の二回戦見て一番驚いたのは、さっきも書きましたがアマチュアとプロってこんなにも違うんだなぁってことですかね。
今までbaseでも、ガンガンライブとかトップクラスの人たちが出るのしか見てこなかったんでそれが基準になってたんですが、いやぁ大分差がありますね。
プロってすごいなぁ。真剣に尊敬しちゃった笑。
しかし、一回でも舞台に立ったことのある人間とそうでない人との間にはかなり差があるんでしょうね。
先生をやってる、っていう人も最初のほうに出てたんですけど、喋りが全部台詞口調なんですよ。
学園祭の劇見てるみたいな感じになっちゃって、あぁ先生がんばってんなくらいにしか思えなかったですもん。
スムーズに違和感なく喋るってだけでもこんなに凄いことなのか、と。
芸人さんを見る目が変わった気がします。

いやぁ、三回戦も楽しみだなぁ。
* テーマ:M-1 - ジャンル:お笑い *

Comments:6

山オタ URL 2006-10-29 (日) 19:18 edit

昨日のブログに「大脇里村ゼミナール」って書いてあって、3回戦行けるかなと期待してたんですが、残念です。

春頃に、ワッハの小ホールでアマチュアの芸人さんが何組か出て漫才
してるのを見たの時に、このコンビと「バイク川崎バイク川崎」ってピン芸人さん(元街の帽子屋さん)がすごく印象に残りました。

時々、サライブの合格発表で名前を見て気になりつつも、たまに、南海を観に行くのが精一杯で...。
私からしたら、彼らも十分面白いのに、それでも、アマチュアというのはプロとして吉本なりその他の事務所に入るっていうのは本当に大変な事なんですね。(←まあ、当たり前の事ですが)

私は、以前に芸人さん(名前が判らない)に芸人さんと思われて挨拶された事があります。人におもしろいと言われた事がないので、すごく印象に残っています。
(そんなにおもしろい顔をしてたのかな?)

近衛 URL 2006-10-29 (日) 20:37 edit

大脇里村ゼミナールは三回戦進出していますよ♪
どんなネタしてたかは残念ながら忘れてしまいましたが、このまま順調に勝ち上がっていけばいいですね。

サライブって気になりますよね。私も南海&好みの芸人さんで手いっぱいでサライブまで見に行けないんですが、一回見に行ってみたいです。
サライブって言ってもきっとレベルは高いんだろうし。
たしか500円とか800円くらいでしたよね。行きたい。
サライブのメンバーはそこで仲間と切磋琢磨してるから、もしかしたらテレビに出て漫才を全然していない有名な芸人より面白いかもしれないですね。
そういう人たちが日の目をみる大会であってほしいです>M-1

芸人に間違われて挨拶されたということですが、私からしたら芸人さんに挨拶される経験があるだけで羨ましいですよ笑。
「おはようございます」なんて言われたら最高じゃないですか。

えりか URL 2006-10-29 (日) 22:41 edit

私も今日みにいきました☆アマチュアでも面白い方いっぱいでしたね。
なんかM-1の裏側が見れたようなきがして嬉しかったです。
私もいつかサライブ行こうと思いました。なんか25日にガンガン行ったときにオープニング前に流れてたCM見て、サライブが気になり始めました。

近衛 URL 2006-10-29 (日) 23:29 edit

確かに、M-1の裏側って感じでしたね!ワクワクしました。
アマチュアの方でも一度舞台経験があるような人はうまかったですね。
さるつかいもそうみたいだし。

最近サライブに力入れてますよね、base。
私もCM見て気になりだしたんですけど、12月も行けそうにないなぁ。

なつき URL 2006-10-30 (月) 07:43 edit

お疲れさまです~!
やはり名前を聞いたことある人たちが残ってますね。
経験上、舞台度胸ってやっぱり実際に立たないと付かないだろうから、違いは出てくるでしょうね。大舞台になればなるほど経験があるかっていうのがモノを言うのかもしれません。
どうしてもbaseメンバー有利なのはもう仕方がないんでしょうか。
それぞれ固定ファンもいるでしょうし。
baseメンバーだってそこにくるまで努力してきたわけですから・・・。
サライブの人たちが未来のbaseを支えるメンバーなんですよね。
これからも楽しみです♪

近衛 URL 2006-10-30 (月) 16:31 edit

正直これだけ差が出るもんだとは思ってなかったので、びっくりでした。
私たちがいつも見てる芸人さんたちは、ものすごい才能を持った人たちなんだと改めて実感というかね。
baseメンバーはファンもきてますし、言い回しも上手いしで圧倒的でしたよ。
さすが毎日舞台出てるだけのことはありますねぇ。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/256-2ff6ece6
Listed below are links to weblogs that reference
M-12006二回戦大阪。 from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [お笑い]M-1グランプリ > M-12006二回戦大阪。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。