Home > スポンサー広告 > 10/17麒々麟々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/249-78ef203e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 10/17麒々麟々

Home > [2006年ライブレポ]baseよしもと > 10/17麒々麟々

10/17麒々麟々

昨日は麒麟単独ライブ、『麒々麟々』を観に行ってきました。
いやぁ、2時間くらいかなぁと予想してたんですが、2時間半はあったかな。

行く前に友達から東京でのこのライブの酷評を聞かされてたので、どんな感じなのか心配だったんですが、私は結構楽しめましたよ。
別にひどいものもなかったし。
ゲストに天津やダイアンも来て、なかなか盛り上がりました。

ってことで早速レポでも。
このライブてっきりDVDになるもんだと思ってたんですが、ならないらしいんです。
DVDになるならネタバレもしちゃいかんな、なんて思ってたんですが…ならないならいいよね。
では以下からどうぞ。
オープニング
紋付はかま姿の麒麟が現れ、まず田村くんがこのライブへの意気込みを語った後、バっと上の着物を脱ぐ。
すると上半身には「麒々」の文字。
田村:「麒々!」
次に川島くんの挨拶。
「今日母親から電話があり、このライブのことを頑張れと言いたかったんでしょうが『きききりん頑張って!』と言われてしまいました。
なので今日は僕だけ「きききりん」を頑張ろうと思います。」
挨拶が終わり、田村くんと同じように上の着物を脱ぐと…
真っ赤なブラジャーww
川島:「麟々!」
堂々としすぎだよ川島くん。ブラ突き出しすぎ笑。
で、二人とも頭を下げたところで暗転。ライブスタート。

オープニングVTR
ふれあい動物園のような所の写真が次々と。
ワールド牧場かな?
麒麟が2人して馬と並んで撮ってる写真があって、なぜかそこで泣きそうになる笑。
なんか「出発点」とか「若手」っていう言葉がよく似合う作りで、あぁここからまた始まりなんだなと思ったら涙腺がwww
ファンでもないのに。
隣に座ってる麒麟大ファンの友達は普通に見てんのに。
いや、なかなか素朴でいい映像でした。

コント:勇者
5年も浪人生活をしている田村。
どうせ今年も大学に行けないだろうし…でも「仕事したくない」「働きたくない」とどんどん悲観的になっていく。
ついには「なんかもう世界なくなったらええのに」とか
「大魔王とか出てけぇへんかなぁ」とか言い出す田村。
するとどこからかドラクエ風の勇者(川島)が現れ「どこの誰かが『地球なくなったらええのに』と言ったらしいんだ。『大魔王降臨せぇへんかな』とか言ったらしいんだ!そのせいで本当に魔王が復活し、この世はまた暗黒の時代に包まれてしまった」と話し出す。
最初は「ただのゲームオタクやん!」と聞く耳を持たなかった田村だが、「お前だけ守ってやらん」と言われて急に怖気づき仲間入りw

いろんな装備を携え、さぁ戦おう!と意気込むがもう夜更け近いということで明日から魔王退治に出発することに。
勇者:(田村の家にある布団を敷き、そこに寝ようとする)
田村:「ちょっと、それ俺の布団やん」
勇者:「俺勇者やし。そこらで寝られへんし」
田村:「えー」
勇者:「俺わがままやねん」
自分のわがままさを理解してる勇者がなんか可笑しかったw
そして朝。
田村が意気揚々と勇者を起こしてみると…そこにはマリオの服を着た勇者が。
勇者:「さぁ、ピーチ姫を助けに行こう!」
田村:「やっぱりただのゲームオタクやんけ!」
で暗転。

リアルと虚構が入り混じった世界が結構好みでした。
「なんかもう世界なくなったらええのに」って言う部分がね、ダラダラとした浪人生活にピリっときいてくるというか。
あと川島くんの遠くを見る目(自分を信じきった目)が田村くんの戸惑いといい感じに混ざり合ってて面白かったですww

VTR:嵯峨野川島流、川島明之丞 前編
これってビデオになってるんですね。
ビデオの続き?っていう形で今回のVTRがあったらしいんですが、初見でも全く関係なく楽しめました。

家元、川島明之丞流の目覚ましの止め方や布団のたたみ方、朝ご飯の食べ方、鯉の餌のやり方などを映像化。
このVTRって結構人気あるみたいなんですが、私は今回のライブで一番いらないなと思った部分でした笑。
ファンじゃない人からしたら特に笑いどころもないし。
でね、考えてみたんですが、これがもし山ちゃんでやったとしたら。
…すげぇ見たいと思う。
だからファン心理としちゃ見たいもんなんだろうなと。
単独だし、好きなことやりゃいいさ(何

コント:走馬灯
「あー、幸せやなぁ♪」と幸せを謳歌する青年田村の前に、1人のじいさん(川島)が現れる。
名乗ってもいないのに名前を当てられ驚く田村。
どうやらそのじいさんは神様らしく、田村はバイク事故で死んでしまったとのこと。
神様:「あそこの牛の大群を見てみなさい」
田村:「あ!!牛の口から下半身出てる!」
神様:「後ろ見てみて」
田村:「あ!!肛門から俺の顔出てる!!」
バイクで牛に突っ込むという、なんとも壮絶な死に方w
もう死んでしまったのだから、次は来世を決めようということに。
神様は持っていた杖をパタンと倒し、「タニシね」と来世を決めてしまう。
どうしてもタニシが嫌な田村は色んな方向に杖を倒してみるが、結局決まったのは
神様:「あぁ、チャーシューや」
田村:「もう死んでるやん」

どうにも納得がいかない田村だったが、神様の「走馬灯を見せてやろう」の提案にのっかり、自分が思い出したい過去を挙げていく。
小さい頃に行った家族旅行、小学校の運動会、中学校の文化祭でサザエ役をやったときのこと、兄弟で行ったカラオケ、高校の修学旅行、家族旅行でカカシをやってウケたときのこと、芸人になってからの初舞台。
神様:「ほぉ、芸人だったのか。名前は?」
田村:「ハンプティダンプティです」
これ、ホントなのかどうなのか最後までわからなかったんですが…知ってる人いるかなぁ?
ホントに麒麟くむまで「ハンプティ」さんだったんでしょうか笑。
なんでこんなこと言うかって、この走馬灯に出てきた映像全部本物だったんですよ。
ホントにサザエさんをやってる田村くんとか、カカシの真似してる田村くんがでてきてビックリしました。
バカなことやってんなww

走馬灯の映像に行く前に最後の質問。
神様:「最後に言い残したことはないですか?」
田村:「やっぱり死にたくなかったです」
神様:「はい、残念でしたー」
ってのが好きでした笑。
毎回「はい、お悔やみ申し上げまーす」とか「あい、ありがとうございましたー」とかあしらわれてるのがツボでしたよ。

あとは
神様:「あなたビッキーズの須知さんの携帯にゴーヤのストラップ付いてんの見て『それ本物ですか?』って聞いてたよね」
っていう暴露もあったり。
天然だなぁ、田村くん。
神様:「生ものを携帯には付けへんから」
田村:「もしかしたらと思って…」
www

VTR:川島明之丞 後編
テレビの見かた→ナイターは居眠り、フレンドパークは興奮
しおりの挟み方など。

コント:恋人
一ヶ月ぶりに元彼(田村)の家を訪れた彼女(川島)。
お互いの近況を話し出すが、彼氏の「コンパに行った」発言にブチ切れる彼女。
しかし自分はといえば「この一ヶ月に16回コンパした」とのこと笑。
彼女:「全部5対5のコンパやったから…80人ね」
他の男が見てみたかったらしい。
「やりまくり三太夫やないか!」というツッコミがお気に入りw
しかし結局2人が言いたかったのは、どれだけコンパをしても「お前以上の存在はおれへんかった」ということ。
バカップルを見たよ。バカップル。
話は結婚のことまで及び、「子どももおってな」と楽しそうに話す彼氏とは対照的に「子どもはいらん」と言い放つ彼女。
またケンカになるが…
彼氏:「なんでやねん!子どもはいるやろ!」
彼女:「2人っきりでいたいのよー!!…年とっても2人で縁側でいたりして…」
彼氏:「…ええやん、それ~」
ケンカ→仲直りして抱き合う という構図が少なくとも3回。

どうもこのコントが腐女子向けだという評価が高かったようですが、私は別にそういう風には思わなかったです。
なんでも腐女子にすりゃいいってもんじゃない。
これくらいのコント、一回くらいは作るでしょうよ。
なんていうんだろう、わざとそれっぽい空気出してるわけでもなし、「コント」ありきの内容って感じで良かったと思います。

VTR:「サイクリングリサイクル」のPV
小室哲也作曲の「サイクリングリサイクル」にカラオケPVをつけたVTR。
私はむしろこういうVTRの方が、タレントっぽくてウケを狙ってる感じがしたんですけどね。

コント:ペンダー教
舞台上には白装束を着たオタクっぽい女教徒(向)と真面目そうな新人教徒(津田)の姿が。
くるっくるの超天パ姿の津田。
津田:「このペンダー教に入って、ものすごい天パやった髪がストレートになった気がするんです!」
向:「…思うのは自由よね☆」
津田くんのテンパ頭初めて見たー!
なんかこんなとこでテンション上がっちゃった自分が悲しいけども、あのジェルで頭を固めてない津田くんを初めて見たんでね笑。
私はジェルよりテンパのが好きです(ぇ

ペンダー教を信仰する2人の教徒に共通していること、それはサスペンダーをしているということ。
ペンダー。サスペンダー。
2人がその後も喋っていると、奥からスーツを着たペンダー教の幹部(西澤)が出てくる。
そしてこのペンダー教をつくりあげた教祖様(川島)と付き人(木村)の登場。
麻呂のような昔の貴族衣装に身をまとった教祖様には、ゴールドのサスペンダーがつけられている。
そしてペンダー教の集会が始まり、サスペンダー俳句やペンダー体操など、意味不明な集会活動が続く。
木村くん指導で行われるペンダー体操はもうなんか、木村ワールド全開でしたよ。
あれは木村くんのファンなら行くべきだww
「では始めましょう!」の声は「ルールブック!」並みに通ってるし。
サスペンダーの片方だけを外して蛇の動きを真似る「ペンダースネーク」とか、木村くん突っ走ってました。

結局このペンダー教は川島西澤木村がみんなを騙すために作った教団だったが、全く疑わずお布施を渡し活動報告をする向と津田。
津田は活動報告中、ペンダー教の敵である「ベルト」を使った言葉「ベルトコンベアー」という発言をして幹部や教祖にブチギレされる。
その後、津田は悩んでいる友人がいるから連れてきてもいいかとお伺いをたて、後日その友人を連れてくることに。
2人の教徒が帰った後、それぞれのお布施を見てみる3人。
向のお布施は「もみじ饅頭」
教祖:「こいつ4回連続もみじ饅頭やん!お布施の意味わかってない」
津田は…本当に大量のお金を入れてある。
教祖:「え、ちょっと引くわぁ。これ」
ちょwww教祖wwwww
そして数日後、津田は悩んでいるという友人(田村)を連れてくる。
来てそうそう、つけていたベルトを切られてしまう田村。
その後も変な俳句やペンダー体操をやらされるが、
「ペンダースネークって、もうサスペンダー外してもうてるやん」
とこの教団に対してどんどん疑いの目を持っていく。
実はこの田村警官で、津田に対しても注意を促すが、津田はまったく聞き耳を持たない。
しかしお布施が裏金を使ったお金であることが分かり、「絶対に捕まえる!」という言葉を残し立ち去る津田と田村。
向も「ちょっと、どういうことなの!」と怒りを爆発させ、「裁判所で会いましょう!」の言葉を残して立ち去ってしまう。
しかしそんなことでは懲りない面々。
西澤:「こんなんはどうやろ?」
教祖と付き人:「それいけるわ!」
そうしてサンバイザー教が誕生した。

いやぁ、長いコントでしたが、この単独の中で一番好きなコントでした。
やっぱりゲストが来るとしまるね。
麒麟の個性ももちろんいいけど、ゲストが天津とダイアンなんでより個性的になるんですよね。
その良さがとてもよくでたコントだったと思います。
なによりの収穫は、西澤くん。
もともと好きだったんですが(D寛や千鳥パーティでの回答を見て)、今回のライブで心底惚れた。
この子たちが売れなきゃおかしいよ。華はないかもしれんが面白い!
いやぁ、あのクールな物言いとは裏腹にホント小ボケてきますよね。
あれはハマる。今度トークライブでも行ってみようかなぁ。

VTR:生野田村流
川島流に対抗した生野田村流。
まさに田村くんの半生をVTR化したような、そんなできでした笑。
パンの食べ方やティッシュの貰い方などなど。
特に「ジュースの奢り方」で見せた、献血に行ってジュースを貰ってくるやり方には吹きましたw
そのジュース奢られたくねぇわ。

漫才:SASUKE
田村がサスケに出たらどうなるか、という内容の漫才。
ここで初めて漫才ですよ。
ずーっとコントできて、最後に漫才。
こういう作り方も好きだなぁと思いましたよ。
なんかね、舞台が明るくなるとセットが全部はけててピンマイクが一本だけ立ってるんです。
で、スーツ姿の麒麟が真顔で現れる。
これだけであぁ単独来てよかったなぁって気分になりました。
やっぱり漫才っていいよ、ピンマイク一本で1000万円とかいうキャッチフレーズもあったけど、本当にピンマイク一本だけが舞台上にあると感動する。
baseの舞台は狭いからあんまり「おぉ」って感じもしないけど、割と広い舞台でやるとピンマイクが映えるんですよね。
いやぁ、漫才の中身より作りに感動してしまった。自分はバカかww

エンディングVTR
またワールド牧場が映る。

エンディング
麒麟が再度舞台へ登場し、客席に向かって3回深々とお辞儀をして終了。
トークはなし。
麒麟のライブは常にこの形式のようなんですが、私は一度も見たことがなかったので新鮮でした。


いやぁ長かった!楽しかった!
コントづくしでね。
漫才好きって言ってるわりにはコント芸人ばかり好きになるので、この麒麟の単独もかなり楽しめました。
今回DVDにならないってことで完全ネタバレでね笑。
今回なにが一番よかったって、西澤くんだよね(またか
不覚だなぁ。今度ホントにライブ見に行く勢いだしw
もち麒麟も良かったですよv
* テーマ:ライブ - ジャンル:お笑い *

Comments:0

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/249-78ef203e
Listed below are links to weblogs that reference
10/17麒々麟々 from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [2006年ライブレポ]baseよしもと > 10/17麒々麟々

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。