Home > スポンサー広告 > 第41回上方漫才大賞決戦。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

なつき URL 2006-04-22 (土) 22:08 edit

あれは音声拾ってなかったんですか。
あまりに客席が冷静だったので見てて怖かったです。

誰が受賞するかを予想しながら見ていましたが、
予想通りでした。あの二組は面白かった。
アジアンは安心して見ていられました。
ノンスタイルもいつもよりイキリが少なくて分かりやすい漫才でしたね。
子供を抱き上げた時の仕草とか、ツボにはまってしまいました。
私はイキリしか見たことないのでそれはそれで面白いと思ってるんですが、好き嫌いが激しいみたいですね。

千鳥は、くじ運もないですね・・・・
実は私、千鳥の漫才が苦手なんですよ。
今日のも見ていて「よく分からなかった」んです。
うちの家族も似たような意見です。

近衛 URL 2006-04-22 (土) 22:30 edit

行った人の話によると、会場は結構ウケてたみたいです。
で、OA見てビックリしたと。
視聴者側からすれば、お客さんの笑い声も結構大切なんですけどねぇ。

確かに、あの2組は面白かったですね。納得です。
イキリネタは、石田くんがよく言う「イキリアレルギー」が出てしまう人も多いようですね。
私はその中間にいますが、そろそろ新しい型の漫才も見てみたいなと思ってます。

千鳥も好き嫌い分かれますよね、はっきりと笑。
千鳥大嫌いな友達に言わすと「どこが面白いかわからない」だそうで。
私としては、「なんかこいつらバカだよなぁ」て思いながら笑える漫才というか、真剣にやってるんだけど、おかしいよそれっていうのが千鳥の漫才だと思ってて、そこが好きなんです。
普通の漫才とは少し違った角度(見方)からせめてくる漫才というかね。
でもたしかに「よくわからない」漫才だと思いますが笑。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/112-2f47d6fd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 第41回上方漫才大賞決戦。

Home > [お笑い]お笑い番組 > 第41回上方漫才大賞決戦。

第41回上方漫才大賞決戦。

今日第41回上方漫才大賞がありましたね。
最優秀新人賞はノンスタイル。
ついに獲ったかぁ、イキリ漫才で。
今日のネタはノンスタのいつもの漫才と比べると、わりとイキリが軽減されてるような感じがしました。
そのせいか見やすかったし。
でも、このイキリネタを脱却するときが真のノンスタイルの漫才が完成するときだと勝手に思っているので、早くそのときが来ればいいなと。
イキリネタを否定しているわけではなくて、そうすればもっと視野が広がるんじゃないかって意味ですよ。
あー、でもイキリネタを完成させる前のネタは、あまり面白いとは言えない出来だたような…。
ノンスタもいろいろ試行錯誤を繰り返して、今のイキリ漫才にたどりついたんでしょうね。

対して千鳥は今回もとれませんでしたね。
しかも新人賞ももらえず。
あぁあ。
笑い飯や麒麟とどう違うんでしょうね。
そりゃあ各々個性があって漫才スタイルも違いますが、千鳥がこうも賞から見放されてるのはなぜだろうなと。
賞をとれるようなネタがないってことなのか…?
個人的にはツボなネタばかりなんですがね。
来年出るのかどうかわかりませんが(今以上に浮くだろうし)、賞だけが人生じゃないので、これからも面白い漫才を作ってほしいと思います。

アジアンの新人賞は嬉しいなぁ。
最初のほうはなんか硬くなってるし大丈夫かなと思ってたんですが、後半になるにつれて勢いが出てきて、面白かったと思います。
どんどんいい味が出てきますね、このコンビは。

まぁこんな感じで今年は終わりました。
来年も面白いコンビがでてくりゃいいなぁ。
最後に、ちょい気になったんですが、あの会場って客の声を全く拾わないんですね。
笑い声が全然入ってなくて最初とまどいましたよ。
サブローさんの会話とかも全部スベってるように聞こえるし。
ラジオ聞いてる人はネタに集中できていいのかもしれませんが。


そうだ、ついでに。
春の夜長にこんな話はいかかでしょう。
今田から聞いためっちゃ怖い話(YouTube)
もうねぇ、夜中に聞いたらゾクっとするような話です。
霊的な話ではないので、暇つぶしがてらにどうぞ。
* テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い *

Comments:2

なつき URL 2006-04-22 (土) 22:08 edit

あれは音声拾ってなかったんですか。
あまりに客席が冷静だったので見てて怖かったです。

誰が受賞するかを予想しながら見ていましたが、
予想通りでした。あの二組は面白かった。
アジアンは安心して見ていられました。
ノンスタイルもいつもよりイキリが少なくて分かりやすい漫才でしたね。
子供を抱き上げた時の仕草とか、ツボにはまってしまいました。
私はイキリしか見たことないのでそれはそれで面白いと思ってるんですが、好き嫌いが激しいみたいですね。

千鳥は、くじ運もないですね・・・・
実は私、千鳥の漫才が苦手なんですよ。
今日のも見ていて「よく分からなかった」んです。
うちの家族も似たような意見です。

近衛 URL 2006-04-22 (土) 22:30 edit

行った人の話によると、会場は結構ウケてたみたいです。
で、OA見てビックリしたと。
視聴者側からすれば、お客さんの笑い声も結構大切なんですけどねぇ。

確かに、あの2組は面白かったですね。納得です。
イキリネタは、石田くんがよく言う「イキリアレルギー」が出てしまう人も多いようですね。
私はその中間にいますが、そろそろ新しい型の漫才も見てみたいなと思ってます。

千鳥も好き嫌い分かれますよね、はっきりと笑。
千鳥大嫌いな友達に言わすと「どこが面白いかわからない」だそうで。
私としては、「なんかこいつらバカだよなぁ」て思いながら笑える漫才というか、真剣にやってるんだけど、おかしいよそれっていうのが千鳥の漫才だと思ってて、そこが好きなんです。
普通の漫才とは少し違った角度(見方)からせめてくる漫才というかね。
でもたしかに「よくわからない」漫才だと思いますが笑。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/112-2f47d6fd
Listed below are links to weblogs that reference
第41回上方漫才大賞決戦。 from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [お笑い]お笑い番組 > 第41回上方漫才大賞決戦。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。