Home > スポンサー広告 > 4/19ガンガンライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

なつき URL 2006-04-20 (木) 00:09 edit

・・・その写真の角度だと私と近い所でいたんですね。
いいですねえ、綺麗にとれてて・・・。
私も撮りましたが、背景がブレてるのに山ちゃんはそれなりにはっきり写っているというまるで心霊写真みたいな感じのしか撮れませんでした。
いつもより遅めに到着したので「こんなことならもっと早く来れば良かった~」と後悔しきり。

今回も番号が遅かったので座れないかも・・・と思っていたのですが、意外に少なくて拍子抜け。
前回は階段に座りましたからね。

今日はなんか、お客さんのノリがイマイチだったような気がしました。
変に冷静な感じというか。
南海はイマイチでしたね。どうしたんでしょうね。
確かに間が悪かったですし、つっこみの精度も低かったと思います。
コーナーは前回に比べたら喋ってましたがノリや勢いが感じられなかったです。
疲れてる感じじゃなかったですけど、彼の中でちょっと歯車が狂ってるのかもしれないですね。

近衛 URL 2006-04-20 (木) 00:24 edit

おぉ、なつきさん近くにいたんですか。
何枚か撮ったんですが、この写真のみまともに撮れましたよ。
しかし心霊写真のように写ってしまう山ちゃん、おもろいです笑。

確かに今回立ち見はいなかった?ですよね。
なぜか私は整理番号早かったんです。
この4月のは発売初日にチケ取らなかったのに、いつも初日に取ってるときより番号がよくてビックリしたくらいで。
なにを基準にしてるのか、よくわかりませんね。

うん、確かにお客さんのテンションも低かったですね。
笑う空気って大事ですからねぇ。
今の南海にはスランプ?に近いものがあるのかもしれません。
もしスランプだとしたら、早く脱してほしいところです。
確か去年の夏頃にもスランプがあったような。
定期的に訪れてるのかも。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/109-b71a33ce
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > スポンサー広告 > 4/19ガンガンライブ

Home > [2006年ライブレポ]baseよしもと > 4/19ガンガンライブ

4/19ガンガンライブ

今日はガンガンライブへ。
なんかテレビも入ってたようですね、ファンダンゴの。
それよりね、始まる前にbaseの前にあるラジオブース(地下の)見てたら、なんとそこに山ちゃんがいるではありませんか。
ネゴやとろの久保田と一緒に。
なんてこったぃ、ラジオ出るなんて知らなかったぞ!と思いながら接近。
群集に混じって写真をパシャリ。
ラジオ聞き逃して残念なのか、写真とれて嬉しいのか、実に微妙でありました。

ってことで早速ガンガンライブのレポへ。続きからどうぞ。
今日の出演者は
中山功太、NON STYLE、ダイアン、天津、田中上阪、アジアン、ネゴシックス、ソラシド、とろサーモン、南海キャンディーズ。
MCは中山功太。
春が来たよね、という話をずっと繰り広げていました。
喋り方が独特でなんか面白いんですよねぇ。
話の内容は忘れちゃったんですけどね笑。
あ、お客さんに誰を見に来たかっていうのを聞いてたんですが、「南海キャンディーズを見に来た人ー?」と聞くと6人しか手をあげず。
「…6人ね。いいともとかバンバン出てるんですけどね~」と言ってました。
うん、ここに手を上げれなかった奴が1人いますよ、と。
勇気のない自分よ…。

そしてネタへ。印象に残ってる組のみです。
天津:電車オタク
途中向くんがアドリブを入れてたようで、そのアドリブの返しを必死に考えてた木村くんがおかしかったです。
ネタとしてはまぁ面白かったと思うんですが、そんなにオタクにこだわらなくてもいいんじゃないかな、という気がしました。
普通にやってても天津のしゃべりは面白いんだから、「オタク」に縛られずにやったほうが面白いんじゃないかと。
オタクに縛られるのはもったいないと思いましたよ。
ソラシド:ゲーム
初めてソラシドを見ましたが、結構面白かったです。
「○○からはじまる、リズムにあわせて」というゲームで、
水口:「水から始まるリズムにあわせて。坊3」
本坊:「南無南無南無」
水口:「それ坊さんやんけ!」
という流れが好きでした。
とろサーモン:スカシ漫才
ものすごい早く終わってびっくりしました。
途中ながーい沈黙があって(笑いになる沈黙でしたが)、最後に久保田くんが叫んで終了。
走って舞台袖に引っ込んでいきました。
狙ってそうしたのか、台詞忘れただけなのかは不明ですが。
客席からは「えぇー」っていう声も聞こえましたが、たまにはそんな日もあってもいいんじゃないですかね。

ここで前半のコーナー。
井上くんの「恋の伝染病」と「ラブ&ピース」というイキリ語だけ覚えてます笑。
言った途端に、みんなにボッコボコにされてるのが面白かったですよ。

そして後半のネタへ。
田中上阪:同窓会
あまり好きなコンビではないんですが、今回のネタは面白くて好きでした。
でもどうせなら最初の「あんなー、僕なー」のくだりも、もっと早く喋っちゃえばいいのに。
そしたらキャラの意味がなくなっちゃうのかな…?
ダイアン:ドラマに出たい
今回のガンガンライブで一番爆笑しました。
好きだわぁ、ダイアン。なんか腹抱えて笑っちゃいました。
でもどんな内容だったか思い出せず(汗
「ジェル・オブ・ザ・イヤー」ってとこは覚えてるんですが。
南海キャンディーズ:スポーツ→ファミレス
うーん、とても面白いとは言いがたい出来でした。
どうしたのかな?と首を傾げたくなりましたよ。
特に山ちゃんがおかしい。
ツッコミのキレも全くないし、間がおそろしく悪いし。
南海の漫才は元々「間」が不思議なコンビではありましたが、それはある意味絶妙な間だったわけです。
でも最近のネタの間は長すぎて、そこで笑いがぷつっと切れちゃう。
「間」はかなりデリケートなものなので、そこで漫才の良し悪しが決まっちゃうといってもいいと思います。
その間が悪いとね、かなりイタイ。
しずちゃんの声の小ささもネックになってる感じはしましたけどね。
とにかく、今のままじゃM-1なんて到底無理でしょうし、山ちゃんが目標としてる「面白い漫才師になる」っていう夢も危うい気がします。
偉そうで申し訳ないですが、ファンなんですもん。
もっと面白い漫才を、と望んでしまいます。

そしてコーナーへ。
山ちゃんは北海道の営業に行ったときの話しをしてました。
ホントは南海キャンディーズとして出演するはずだった営業が、しずちゃんがドラマ撮影ということで急遽山ちゃんのみの出演に。
そのことを女性司会者が告げると会場からは「ええー!!」の嵐。
それを袖で聞いてた山ちゃんはかなり落ち込んでたようなんですが、ここでまた落ち込むことが。
客のブーイングを受けて女性司会者が「今から払い戻しをします」というアナウンスをした途端、会場は「おー!!」という声に包まれたんだそうです。
その光景は山ちゃん曰く「(その女の司会者の人が)ジャンヌダルクみたい」になってたらしいです笑。
それを見ている間山ちゃんはずっと手の震えが収まらなかったようで。
「震えすぎて、残像で手が大きく見えた」と。よほどだよそれ。

ここでなぜか山ちゃんの前髪の話になり。
「ハゲてるやろ」と功太くんとかにつっこまれてました。
確かにね。
今まではもこっとした前髪だったのが、最近薄くなってるのには気づいてましたよ。
でもそこは触れちゃいけないサンクチュアリ。
本人は必死にそんなことない!と否定しておりました。

いつも後半のトークコーナーは面白いんですが、今回笑うとこ少なかったです。
なーんかうまくかみ合ってない感じ?
ってことで今回のガンガンライブはここで終了。

最初に書いたラジオブースにいた山ちゃん。横顔ですが。
yama
* テーマ:baseよしもと - ジャンル:お笑い *

Comments:2

なつき URL 2006-04-20 (木) 00:09 edit

・・・その写真の角度だと私と近い所でいたんですね。
いいですねえ、綺麗にとれてて・・・。
私も撮りましたが、背景がブレてるのに山ちゃんはそれなりにはっきり写っているというまるで心霊写真みたいな感じのしか撮れませんでした。
いつもより遅めに到着したので「こんなことならもっと早く来れば良かった~」と後悔しきり。

今回も番号が遅かったので座れないかも・・・と思っていたのですが、意外に少なくて拍子抜け。
前回は階段に座りましたからね。

今日はなんか、お客さんのノリがイマイチだったような気がしました。
変に冷静な感じというか。
南海はイマイチでしたね。どうしたんでしょうね。
確かに間が悪かったですし、つっこみの精度も低かったと思います。
コーナーは前回に比べたら喋ってましたがノリや勢いが感じられなかったです。
疲れてる感じじゃなかったですけど、彼の中でちょっと歯車が狂ってるのかもしれないですね。

近衛 URL 2006-04-20 (木) 00:24 edit

おぉ、なつきさん近くにいたんですか。
何枚か撮ったんですが、この写真のみまともに撮れましたよ。
しかし心霊写真のように写ってしまう山ちゃん、おもろいです笑。

確かに今回立ち見はいなかった?ですよね。
なぜか私は整理番号早かったんです。
この4月のは発売初日にチケ取らなかったのに、いつも初日に取ってるときより番号がよくてビックリしたくらいで。
なにを基準にしてるのか、よくわかりませんね。

うん、確かにお客さんのテンションも低かったですね。
笑う空気って大事ですからねぇ。
今の南海にはスランプ?に近いものがあるのかもしれません。
もしスランプだとしたら、早く脱してほしいところです。
確か去年の夏頃にもスランプがあったような。
定期的に訪れてるのかも。

Comment Form

サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ashigarucandy.blog41.fc2.com/tb.php/109-b71a33ce
Listed below are links to weblogs that reference
4/19ガンガンライブ from 芸人談義 踊らにゃソンソン

Home > [2006年ライブレポ]baseよしもと > 4/19ガンガンライブ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。