Home > 2006年09月14日

2006年09月14日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

上方お笑い大賞選考会

放送はまだ先ですが、結果がテレビでも放送されてたので書いておきます。
上方お笑い大賞の新人賞選考会(笑いの超新星)が13日に行われ、NON STYLEと千鳥が新人賞を受賞したそうです。
これは年末に行われる「上方お笑い大賞」の最優秀新人賞の予選にあたるもので、新人賞をとった人たちのみが最優秀新人賞の座を競って争います。

春先頃にあった予選ではアジアンとなすなかにしが新人賞を獲得。
そして今回の選考ではノンスタイルと千鳥。
最後冬に行われる選考で、もう2組新人賞が決定します。
残りは誰がとるでしょうねぇ。
というか、他は誰が出るんだろうか。
もう笑い飯も麒麟も賞とってるし…そんなに芸人残ってないような気が。
あ、どうせならとろサーモンもきてほしいな。
で、年末の決勝に出て欲しい。
あの子たちスカシ漫才以外は面白いと思うんですよね。
実力もあるし。

というか…あれ、南海キャンディーズはこれには出てなかったっけ??
それとも出ないのかな。
うーん、まぁこういう賞レースに何個も出る必要はないけど。
M-1のためのネタを考えてるんだったら、この賞レースにどうしても出る必要はない。
その分の時間をM-1用に使えばいい話だし。

しかしそのM-1用の時間を作れているのかどうか、甚だ疑問ですがね。
これだけ仕事が忙しくなると、どうやったって漫才する時間は減る。
だけどM-1を見ている一般視聴者にはそんなこと関係ないわけで。
どれだけ忙しくったって、M-1の決勝に残ろうと思ったらかなりの努力が必要で、決勝でいい結果を残そうとしたらまたそれ以上の努力が必要で。
M-1に参戦した時点で、言い訳なんて通用しない世界になっちゃいますからね…。

今回の上方お笑い大賞に残った4組。
この4組がM-1でもいいとこまでいくんだろうか。
でも…辛口なようだけど、ノンスタがもしM-1に残ったとしても良い評価は得られないと思うんですよね。
M-1に出る質の漫才ではない感じがする。
面白いのは面白いと思ってますが、なんだろうなぁ、説明できん!(ぇ

あぁお笑い大賞の話したりM-1に話が移ったり、とってもゴチャゴチャな感じになってきた。
とりあえず今は、冬に決まるもう2組の新人賞が楽しみでしかたないです。
できれば生で見たいなぁ。
もう募集はやってるんだろうか。
スポンサーサイト
* テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い *

Home > 2006年09月14日

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。