Home > [お笑い]お笑い番組

[お笑い]お笑い番組 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

千鳥再考。

ようやくABCお笑い新人大賞を見終わりました。
いやぁ、ここで天竺鼠ですか。
ついに時代到来ですか、そうですか。
あの年配者のネタで完全に会場の空気をものにしたのがききましたね。
そこまでウケそうなネタでもなかったのに。
まぁでも、個人的にはそこまで天竺鼠で笑うことはなかったです。
ニヤニヤはしましたけども、ネタの発想とかに。

やっぱりなんだかんだで千鳥が面白いですね。
シャロンストーン。
ぜひM-1で見たかった笑。
どん滑り確実でしょうが、見たかった。たぶんテレビの前で笑い転げたのに。
ノブの「正気か!」はこれ以上のものが想像付かないくらい良いツッコミだと、尊敬の念すら抱いております。
好き。もう好き。
オールザッツのときの「くせがすごいわ」ネタも。
ばっかばかしい。
絶対次にくる言葉が分かってるのに笑ってしまう。

あー、会場で生でこの素晴らしいネタを見たかった。
会場が徐々に静まりつつある中、千鳥だけはオチに向かって熱を高める。
そんな場面を直に見たかった。
スポンサーサイト
* テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い *

人がいっぱぱいいて怖いらしいけど。

今回の「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦」も面白かったですね。
まさかの鳥居みゆき優勝で。
テレビの前でキャーキャー言っておりました。
鳥居さんの歌う中島みゆきさんが大好きで仕方ありません。
声の震え方とか素晴らしい。
というか歌の選曲がツボすぎてもう鳥居さんと一緒にカラオケに行きたいです。

しかし今回のやつで一番ツボったのは、上手い人が歌ってるときに必ずテレビにぬかれるジョイマン高木(奇妙な方)。
おっさん顔すぎるwww何歳あれw
と思ってwikipediaを見たらまだ28歳になったばかりでした。
ふむ…山ちゃん以上がいた。
とにかく、ジョイマンが映るたんびに噴出しそうに…いや若干笑いながら見てしまいました。
でも好き。
* テーマ:鳥居みゆき - ジャンル:お笑い *

笑いってなんてすばらしい。

27時間テレビの余韻から抜け出せません。
抜け出る気もあまりないんですが。

いやぁ、楽しかったですね。
視聴率は思ったより伸びなかったようですが、個人的には最高に楽しめました。
なによりさんまさんに惚れなおしましたしね。
自分がさんまさんを好きだったのは中学時分の頃ですが、その頃の気持ちに逆戻りしたというか。
かっけぇのなんのって。
テレビに映ってないところ(ホントはチラっと映ってる)で若手を睨んでるところとか。
蛇の目ですよ、まさに。
しかも睨みながらちょっと口元笑ってんの。
「どうする?お前にできるか?どう返す?」的な感じで笑ってんの。
あれ見て惚れなかった人は自分とは違う人種なんだと断言できるほど、かっこよかったです笑。

最後のBIGINの演奏もね。
なにあれ、泣く泣く。
「辛いときでも笑ってられる そんなアンタは ほんまにアホや」
このワンフレーズで名曲を確信してしまいましたよ。
CD発売すればいいのに。予約して買うのに。
あの曲聴いてるときのさんまさんも、なんか感慨深げで。
チラっと素が見えたような気がしてとても嬉しかったのです。

にしても。
たけしさんの暴走はすさまじいですね。
あのレベルのことをやってのけるってのは、素晴らしい。
今のテレビ界でよくあれができたなと。
生放送だからできたことなんでしょうが、ああいうのを放送できなくなったらバラエティは終わりだと思うんです。
みんながバカやって笑って。
いいものを見ることができました。
昔に生まれたら、もっとバラエティは面白かったんだろうなぁと何十回も思ってきましたが、まだまだ頑張ってくれてる芸人さんに感謝です。

これを今の若手ができるのかな、と考えるとちょっと不安もあるんですけどね。
これだけできる芸人さんたちって、果たしてどれだけいるのかなと。
さんまさんの笑いに対する異常なまでの執着心とかもろもろ。
心では思ってても実行できてない人が多い気がして。
種類の違う天才は確かに芸人界にも存在してると思いますが、こういったタイプの天才がもっと必要だなぁと思うんです。

だんだん話の収拾がつかなくなってきましたけども。
まぁとにかく、今年のは面白かったです。
さんまさんとしのぶさんのトーク含め。
「おかあさん」とか呼んじゃうさんまさんに惚れまくったことも含め。

来年の27時間テレビにも期待ですね。

泣いた姿が可愛いのなんのって。

※めちゃイケ!
鳥居さんが出るってんでテレビの前でスタンばってたんですが、一向に出ない。
東幹久ばっか出てる。濃い濃い、と思いつつチャンネルを変えたりなんかしてたんですが、ようやくしりとり侍に鳥居さんが。
いつも通り終始フリーダム状態で髭男爵がなんとも可哀相なことになっておりましたが、樋口くんがクローズアップされていて良かったなと思う場面もあり。

それにしても…今回は最後に鳥居さんの素の部分が見えてましたね。
絶叫というか。
結婚式の写真でしたっけ?どうやって手に入れたんでしょう笑。
親族も信用してはならないという教えでしょうか。
その写真見たかったなぁと思ったのは私だけではないはずです。
しかしあれは鳥居さんの狂気な部分を愛する人とか顔オタ?とかはあんまり喜ばしい映像じゃなかったんじゃないかなぁと思ったり。
素が見えすぎるとふにゃんとなるというか。
よく分かりませんけども。
個人的には、しずちゃんも素が見えすぎるとダメだなぁという気がします。
たまには可愛らしいんですけどね、絶叫もw

めちゃイケの前に南海目当てで見てた志村どうぶつ園にも鳥居さんが出てたりと、なんだか鳥居さんDayだった土曜日。
* テーマ:鳥居みゆき - ジャンル:お笑い *

TKOに「可愛い」という声援は正しいのか

今日、このパソコンを買い換えてから初のファン掃除をしました。
汚ねぇのなんのって…。
そりゃ爆音たてるよなぁ、と理解できる程度には汚かったです。
しかし掃除終了後は今までの爆音どこへやら。
とても静かで快適になりました。
うーん、でも…ファン自体があんまよくなさそうだから、結局は取り替えなくちゃいけないんだろうなぁという気もしています。
メンドクサイ、嫌だ嫌だ。


そういえば。
先週放送のイロモネアをやっと見まして。
TKOがんばりましたねぇ、苦節17年にしてやっと!
瞬間の発想力に裏づけされた才能が見てとれる。
と、TKOが好きな自分は思うのです。
しかしドカンと売れるようなタイプにも見えないので、これからどうなるか分からんですが。

あ、でも。
TKOが「モノマネ」でやっていた
「あっち向いて、鶴瓶!」というネタ。
実は電車の中でこれを真似てる女の子(推定8歳)がいまして。
子:「あっち向いて、鶴瓶!あっち向いて、鶴瓶!」
延々とお父さんにやり続けている女の子。
イロモネアを見てやっと意味がわかりましたよ笑。
TKO、波に乗っ取るじゃないかww
この調子でぜひ5回目の東京進出を成功させてほしいもんです。
* テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い *

Home > [お笑い]お笑い番組

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。